10章トークン

 トークン(token)は古英語「tācen」に由来し、記号やシンボルを意味します。この用語は、交通機関トークン、洗濯用トークン、アーケードゲームトークンなど、それほど高額ではない、私的に発行された特定目的のコイン(代用貨幣)のようなものを意味しています。

 現在、ブロックチェーンで管理される「トークン」は、トークンの意味を再定義しつつあり、所有することができて、資産や通貨やアクセス権を表象するような、ブロックチェーンベースの概念を意味するようになっています。

 これまでの「トークン」がわずかな価値しか持たないことは、物理的なトークンの使用が限られていることと深く関係しています。特定のビジネス、組織、場所に制限されることが多い物理的トークンは、簡単に交換できず、通常は1つの機能しか持ちません。ブロックチェーントークンを使用するとこれらの制限が取り払われ、より正確に言うと、完全に定義し直すことができます。多くのブロックチェーントークンは、世界中で複数の目的を果たしており、相互に交換したり、グローバルな流動性のある市場で他の通貨と交換できます。使用や所有権の制限がなくなったことで、「ほとんど価値がない」という評価も過去のものになりました。

 この章では、トークンの多彩な用途とその作成方法を見ていきます。また、ファンジビリティ(代替性)や固有性などのトークンの属性についても説明します。最後に、トークンの基盤となっている標準と技術を調べ、独自のトークンを作成します。

10.1 トークンの使用方法

 トークンの用途として最初に思いつくのは、プライベートなデジタル通貨です。ただし、これは可能な用途の1つにすぎません。トークンは、重複する多くの異なる機能を果たすようにプログラミングできます。たとえばトークンは、投票権やアクセス権、リソースの所有権を同時に意味することができます。次のリストに示すように、通貨はトークンの最初の「アプリ」にすぎません。 ...

Get マスタリング・イーサリアム ―スマートコントラクトとDAppの構築 now with O’Reilly online learning.

O’Reilly members experience live online training, plus books, videos, and digital content from 200+ publishers.