付録JDL4Jインストールのトラブルシューティング

サンプルを実行しようとしたときに何かうまくいかない場合は、トラブルシューティングの作業が必要になるでしょう。以下の節では、DL4Jの新規ユーザーが経験するよくある問題のいくつかについて紹介します。

J.1 以前のインストール

以前にDL4Jをインストールしていて、現在サンプルがエラーになる場合、ライブラリをアップデートしてください。Mavenを使用しているなら、pom.xmlファイルのバージョンをMaven Central(https://search.maven.org/)の最新バージョンに合わせてアップデートするだけです。ソースからインストールしているなら、ND4J、Canova、DL4Jをgit cloneで展開し、この順に各ディレクトリ内でmvn clearn install -Disktoptest=true -Dmaven.javac.skip=trueを実行することでアップデートできます。

J.2 ソースコードからインストールする際のメモリエラー

コード量の拡大に伴って、ソースコードからのインストールにはより多くのメモリが要求されます。DL4Jのビルド中にPermGen errorが起こったら、より多くのヒープ空間を追加する必要があるかもしれません。これには、環境変数をbashに追加する.bash_profileという隠しファイルを探して変更しなければなりません。環境変数はコマンドラインにenvと入力すれば確認できます。さらにヒープ空間を増量するために、コンソールから以下のコマンドを入力してください。

$ echo "export MAVEN_OPTS="-Xmx512m -XX:MaxPermSize=512m"" ...

Get 詳説 Deep Learning ―実務者のためのアプローチ now with O’Reilly online learning.

O’Reilly members experience live online training, plus books, videos, and digital content from 200+ publishers.