6章関数

「関数(function)」は文が集まったもので、プログラムを構成する部品の役割をする「サブプログラム」と考えることができます。JavaScriptにおいて、関数はとても重要な役割を果たしますが、この章ではその基本的な機能や使い方を紹介します。

すべての関数は「本体(body)」をもちます。本体には通常は複数の文が書かれます。

例を見てみましょう。

example/ch06/ex06-00-1/main.js

function sayHello() {  // 関数の本体は「{」で始まる
   console.log("Hello world!");
   console.log("こんにちは、世界!");
   console.log("¡Hola mundo!");
   console.log("Hallo wereld!");
   console.log("Привет мир!");
}   // 「}」で終わる

sayHello();   // 関数が呼び出され、コンソールに「Hello, World!」がいろいろな言葉で表示される

上のプログラムの「function sayHello() {」から「}」までが関数の「宣言」で、これにより関数sayHelloが定義されます。そして一番下のsayHello()が関数の「呼び出し」で、これにより関数の本体に書かれた文が実行されます。

[注記]

関数の名前を書いて定義された文の集まりを実行することを、関数を「呼び出す」「呼ぶ」「実行する」「起動する」などと言います。いずれも基本的には同じ意味で使われます。 ...

Get 初めてのJavaScript 第3版 ―ES2015以降の最新ウェブ開発 now with O’Reilly online learning.

O’Reilly members experience live online training, plus books, videos, and digital content from 200+ publishers.