Metaheuristics for String Problems in Bio-informatics

Book description

So-called string problems are abundant in bioinformatics and computational biology. New optimization problems dealing with DNA or protein sequences are constantly arising and researchers are highly in need of efficient optimization techniques for solving them.

One obstacle for optimization practitioners is the atypical nature of these problems which require an interdisciplinary approach in order to solve them efficiently and accurately.

Product information

  • Title: Metaheuristics for String Problems in Bio-informatics
  • Author(s): Christian Blum, Paola Festa
  • Release date: August 2016
  • Publisher(s): Wiley-ISTE
  • ISBN: 9781848218123

You might also like

book

スクラム実践者が知るべき97のこと

by Gunther Verheyen, 吉羽 龍太郎, 原田 騎郎, 永瀬 美穂

アジャイル開発手法のなかで最もよく使われる手法の1つがスクラムです。スクラムは、複雑な問題に取り組むためのシンプルなフレームワークであり、シンプルであるがゆえに実践には要所を押さえるスキルが必要になります。本書は、世界中で活躍するスクラム専門家が自らの経験と知見に基づいて執筆したエッセイ集です。スクラム適用の戦略、スクラムで進める上での戦術やパターン、さまざまな職種のコラボレーション、組織への影響などについて幅広い視点で紹介します。日本語版では、及部 敬雄、小林 恭平(kyon_mm)、高橋 一貴、長沢 智治、平鍋 健児、安井 力(やっとむ)、和田 卓人、永瀬 美穂、原田 騎郎、吉羽 龍太郎による10本の書下ろしを収録。

book

プロダクトマネジメント ―ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける

by Melissa Perri, 吉羽 龍太郎

本書は、顧客に価値を届けるプロダクトを作り出すプロダクトマネジメントについて学ぶ本です。プロダクトマネジメントを理解することで、企業がビジネス目標を達成しながら、顧客の課題を解決する方法を解説します。はじめにプロダクトマネージャーの役割と責任を定義し、優れた意思決定を促す戦略の立て方を紹介します。実験と最適化によって作るべきプロダクトを決めるプロセスを解説し、最後にプロダクト主導の組織を支えるための文化や方針を紹介します。ビルドトラップを避け、顧客の課題にフォーカスするプロダクトマネジメントの原則を解説する本書は、規模の大小を問わずすべてのプロダクトチーム、マネージャー、プログラマ、アーキテクト、デザイナ、マーケターに必携の一冊です。

book

Genome Annotation

by Jung Soh, Paul M.K. Gordon, Christoph W. Sensen

This thorough overview explores automated genome analysis and annotation from its origins to the challenges of …

book

詳説 Deep Learning ―実務者のためのアプローチ

by Josh Patterson, Adam Gibson, 本橋 和貴, 牧野 聡, 新郷 美紀

エンタープライズ向けのディープラーニングの解説書。企業でディープラーニングアプリケーションを開発、運用するための実践的な手法を紹介します。対象読者はソフトウェア開発の現場で活躍する実務者。前半はディープラーニング初心者、後半はJavaエンジニア向けの構成です。機械学習、ニューラルネットワークの基礎から始め、ディープラーニングの基本的な概念、実際にチューニングを行う際のベストプラクティス、データのETL(抽出・変換・ロード)の方法、Apache Sparkを用いた並列化について、JavaライブラリDeep Learning4J(DL4J)の開発者でもある著者がわかりやすく丁寧に解説します。