6章パフォーマンスモニタリングの継続的な実施

ユーザエクスペリエンスの最新状態を知るには、ベンチマークが欠かせません。ですがベンチマークの役割はそれだけにとどまりません。ベンチマークは、パフォーマンスの変化を引き起こす原因を、時間経過ごとに示す役割も果たします。総ページロード時間や総ページ容量、Speed Indexを活用したユーザの体感速度など、さまざまな尺度で表示速度を定期的に測定していくと、サイトの表示速度が遅くなるタイミング(うまくいけばその原因も)が発見できるようになります。表6-1には、サイトパフォーマンスのベンチマークに活用できる主なツールをまとめています。本章ではこれらのうち多くを取り上げます。

表6-1 ベンチマークツールのまとめ

ツール種類ベンチマーク測定時期
YSlowブラウザプラグイン全体的な評価、提案サイト開設時、その後3か月に1回
Chrome DevToolsブラウザプラグイン提案、ウォーターフォールチャート、フレームレートサイト開設時、その後3か月に1回
WebPagetestシンセティックモニタリング、全体的な評価、提案、ウォーターフォールチャート、SpeedIndex大規模な更新や試験の実施時
CatchpointGomez、wpt-script等シンセティックモニタリング、サイトパフォーマンスの動向を時間経過で確認する毎月
Google Analytics、mPulse、Glimpse等リアルユーザモニタリングサイト訪問者に関する各種統計データにもとづく平均読み込み時間毎週

年数が経ち変化していくにつれて、サイトのパフォーマンスが改善したり低下したりする機会は数多く訪れます。表6-1に挙げたブラウザプラグインや総合テスト、リアルユーザモニタリングを活用して、サイトを測定し、その値を継続的に監視することが不可決です。 ...

Get パフォーマンス向上のためのデザイン設計 now with O’Reilly online learning.

O’Reilly members experience live online training, plus books, videos, and digital content from 200+ publishers.