第6章監視

本番対応のマイクロサービスは、適切に監視されています。適切な監視は、本番対応のマイクロサービスを構築し、マイクロサービスの可用性を高水準で保証するためにもっとも重要なものの1つです。この章では、どのような主要メトリックを監視するか、主要メトリックのログをどのようにして取るか、主要メトリックを表示するダッシュボードをどのように作るか、アラートにはどのようにアプローチするか、オンコールのベストプラクティスはどのようなものかといった、マイクロサービスの監視で必要不可欠な構成要素について説明します。

6.1 マイクロサービスの監視の原則

マイクロサービスエコシステムの機能停止の大多数は、問題のあるデプロイが原因となって起こります。その次に大きな機能停止の原因は、適切な監視の欠如です。なぜそうなのかは簡単にわかるでしょう。マイクロサービスの状態がわからず、主要メトリックが追跡されていなければ、実際に機能停止が起こるまで、その原因となる障害がどのようなものかはわからないままです。マイクロサービスが監視の欠如のために機能停止を起こすようなら、それまでにその可用性は損なわれているでしょう。そして、機能停止が起こったときの緩和、修正のための時間は長引き、マイクロサービスの可用性はさらに下がります。マイクロサービスの主要メトリックに簡単にアクセスできなければ、開発者は手がかりがなく、問題をすばやく解決できなくなってしまうことが多いでしょう。適切な監視が不可欠だというのは、このような理由からです。監視は、開発チームにマイクロサービスについてのあらゆる重要情報を与えてくれます。マイクロサービスが適切に監視されていれば、状態がわからなくなることはあり得ません。

本番対応のマイクロサービスの監視には、4つの構成要素があります。第1の要素は、すべての重要情報の適切な ...

Get プロダクションレディマイクロサービス ―運用に強い本番対応システムの実装と標準化 now with O’Reilly online learning.

O’Reilly members experience live online training, plus books, videos, and digital content from 200+ publishers.