序文

レーザープリンタの修理のためにブルックリンからマンハッタンに向かう列車に乗り、「マルチメディア」の仕事をすることを夢見ていた21歳の頃、私はジェイミー・レヴィの文章を読みながら、いつか彼女に会ってみたいものだと思っていた。

1990年代始めには、まだウェブはなかったが、BBS(掲示板システム)はあり、ニューメディアが急速に成長していた。コンピュータは、モデムとCD-ROMドライブを組み込むようになりはじめたところだったが、ウェブブラウザーとブロードバンドが始まったのはそれから数年後だった。

ジェイミーは、私たち全員よりも前にデジタル革命に到達しており、1990年から1992年にかけてフロッピーディスク雑誌のシリーズを発行していた。Wiredが印刷版の雑誌を創刊したのは1993年のことだった。それと同じ年に、彼女はビリー・アイドルのために、このとてつもないインタラクティブな作品集を作っており、アルバム『Cyberpunk』にそれを添付した。

同じ頃、私はオンラインでのハンドル名と同じ『CyberSurfer』という雑誌を創刊しており、5冊を出版した。PAPER Magazineの人たちが「CyberSurfer's Sillycon Alley」というコラム執筆の仕事をくれたので、ジェイミーの仕事をよく取り上げた。なぜかというと、取り上げるべき仕事をしていたのは彼女だけだったからだ。

彼女は金持ちにはならなかったが、優れたアートを作り、インタラクティブな世界はどうあるべきかという自分のビジョンを追いかけた。実際、彼女はRazorfish(http://www.razorfish.com/)の3番目の共同設立者として億万長者になるチャンスから降りているのである。

1996年には、ジョシュ・ハリスのPseudo.comのための有名な場所で、私は「Ready, ...

Get UX戦略 ―ユーザー体験から考えるプロダクト作り now with O’Reilly online learning.

O’Reilly members experience live online training, plus books, videos, and digital content from 200+ publishers.