UXデザインの法則 ―最高のプロダクトとサービスを支える心理学

Book description

本書は、著者Jon YablonskiがUXデザインと交差する心理学の法則をまとめたウェブサイト「Laws of UX」を元に構成されています。「意思決定にかかる時間は選択肢の数と複雑さで決まる」、「タッチターゲットに至るまでの時間はターゲットの大きさと近さで決まる」などの10の法則を、各章において、ポイント、概要、起源、事例、結論にまとめ紹介します。ノンデザイナーにもデザインセンスが求められる時代に欠かせないハンドブックです。

Table of contents

  1. 日本の読者へ
  2. はじめに (1/2)
  3. はじめに (2/2)
  4. 目次
  5. CHAPTER 1 ヤコブの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 心理学上の概念
    4. 事例
    5. テクニック
    6. 重要な論点
    7. 結論
  6. CHAPTER 2 フィッツの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 重要な論点
    4. 事例
    5. 結論
  7. CHAPTER 3 ヒックの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 心理学上の概念
    4. 事例
    5. テクニック
    6. 重要な論点
    7. 結論
  8. CHAPTER 4 ミラーの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 心理学上の概念
    4. 事例
    5. 重要な論点
    6. 結論
  9. CHAPTER 5 ポステルの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 事例
    4. 重要な論点
    5. 結論
  10. CHAPTER 6 ピークエンドの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 心理学上の概念
    4. 事例
    5. テクニック
    6. 重要な論点
    7. 結論
  11. CHAPTER 7 美的ユーザビリティ効果
    1. 概要
    2. 起源
    3. 心理学上の概念
    4. 事例
    5. 重要な論点
    6. 結論
  12. CHAPTER 8 フォン・レストルフ効果
    1. 概要
    2. 起源
    3. 心理学上の概念
    4. 事例
    5. 重要な論点
    6. 結論
  13. CHAPTER 9 テスラーの法則
    1. 概要
    2. 起源
    3. 事例
    4. 重要な論点
    5. 結論
  14. CHAPTER 10 ドハティのしきい値
    1. 概要
    2. 起源
    3. 事例
    4. 重要な論点
    5. 結論
  15. CHAPTER 11 力には責任が伴う
    1. テクノロジーはどのようにして行動を形作るのか
      1. 断続的な変動報酬
      2. 無限ループ
      3. 社会的肯定感
      4. デフォルト
      5. 摩擦を取り除く
      6. 返報性
      7. ダークパターン
    2. なぜ倫理が重要なのか
      1. 良かれと思ったことが思わぬ結果に
      2. 倫理的責務
    3. 歩みを緩め、意識を向ける
      1. ハッピーパスを超えて考える
      2. チームと考え方に多様性を持つ
      3. データを超えて考える
  16. CHAPTER 12 心理学的な原則をデザインに適用する
    1. 意識づける
      1. 視界にいれる
      2. ショー・アンド・テル
    2. デザイン原則
      1. チームの原則を定義する
      2. ベストプラクティス
      3. デザイン原則を心理学的な法則と結びつける
    3. 結論
  17. 索引 (1/2)
  18. 索引 (2/2)
  19. 訳者あとがき
  20. 著者紹介
  21. 訳者紹介

Product information

  • Title: UXデザインの法則 ―最高のプロダクトとサービスを支える心理学
  • Author(s): Jon Yablonski, 相島 雅樹, 磯谷 拓也, 反中 望, 松村 草也
  • Release date: May 2021
  • Publisher(s): O'Reilly Japan, Inc.
  • ISBN: 9784873119496

You might also like

book

インタフェースデザインのお約束 ―優れたUXを実現するための101のルール

by Will Grant, 武舎 広幸, 武舎 るみ

デジタル製品のデザインに役立つ101の指針。製品のユーザビリティや性能を高める上で必須かつ基本のツボ、マスターすれば時間を節約し顧客満足度をアップできるテクニックが101のコンパクトなルールにまとめられています。メッセージが明確で説明もわかりやすいので短時間で気軽に読むことができます。101のルールは、タイポグラフィ、コントロール、カスタマージャーニー、各種要素の統一、UX全般に関わるプラクティスに分類されているのでリファレンス的に読むことも可能です。「よくある落とし穴」を巧みに回避し、自信をもってユーザーのために闘い、すばらしいユーザーエクスペリエンスを提供するプロへと成長させてくれる一冊です。

book

ユーザーストーリーマッピング

by Jeff Patton, 川口 恭伸, 長尾 高弘

本書はユーザーストーリーマッピングの作者、ジェフ・パットンが自ら開発した手法について書き下ろした書籍です。ストーリーマッピングの概要、優れたストーリーマッピングを作るためのコンセプトから、ユーザーストーリーを完全に理解する方法、ストーリーのライフサイクルの認識、イテレーションやライフサイクルごとにストーリーを使う方法まで、手法全体を包括的に解説します。製品開発、UXデザイン、業務要件定義の現場で、関係者が共通理解を持ち、使いやすく・実現可能なサービスや商品を作りたいと考えているすべての人、必携の一冊です。

book

マイクロフロントエンド ―マイクロサービスアーキテクチャの概念をフロントエンドに拡張し、信頼性、自律性の高いシステムを構築する

by Luca Mezzalira, 嶋田 健志

DAZNでアーキテクトを務めた著者が、マイクロフロントエンドアーキテクチャの概念、長所と短所、導入のポイントなどを俯瞰的に説明します。プロジェクトに適したアーキテクチャをどのように見極めるべきかについて、デプロイ可能性、モジュール性、テスト容易性、パフォーマンス、開発者体験といった観点から、多角的に分析することの重要性を強調します。また、マイクロフロントエンドを導入する予定がない組織にとっても、自律性、生産性の高いチーム作りのヒントを得ることができます。巻末の付録では、開発の最前線で活躍する8人にインタビュー。マイクロフロントエンドの威力、可能性、落とし穴など、開発現場の貴重な「生の声」を収録。一筋縄ではいかない開発の風景を垣間見ることができます。実装サンプルはすべてGitHubから利用可能です。

book

エンジニアのためのフィードバック制御入門

by Philipp K. Janert, 野原 勉, 星 義克, 米元 謙介

「フィードバック制御」の歴史は古く、18世紀に起こった産業革命に起源を持ちます。本書は産業界では常識であってもソフトウェア業界では知られていなかったこの概念を、ソフトウェアエンジニアたちに広く紹介し、品質や生産性を上げることを目的に執筆された画期的かつ野心的な一冊です。著者は著名なPythonプログラマであり、ソフトウェアエンジニアの視点に立ち、理論よりも実用に重きを置いており、特に事例の多さは圧巻です。シミュレーションのコードがすべてPythonで書かれており、実際に試して、現場のプロジェクトに応用して生かすことができる実践的な内容です。